日本心臓財団HOME > 日本心臓財団の活動 > 日本心臓財団の助成・賞 > 多施設共同臨床研究助成 > 日本人における石灰化大動脈弁膜疾患の発症・進展予防に関する研究

日本心臓財団の助成・賞

多施設共同臨床研究助成

JASS-2 日本人における石灰化大動脈弁膜疾患の発症・進展予防に関する研究
研究課題 日本人における石灰化大動脈弁膜疾患の発症・進展予防に関する研究
英文名 Japanese Aortic Stenosis Study-2
略称 JASS-2
研究代表者 山本 一博
所属機関・職名 鳥取大学医学部病態情報内科学 教授
事務局 〒683-8504 鳥取県米子市西町36-1
鳥取大学医学部病態情報内科学
電話: 0859-38-6517  FAX:0859-38-6519
研究目的 ワルファリン服用が大動脈弁石灰化の進行に影響を与えるかどうかを検討する
試験デザイン 前向きコホート試験および非盲検無作為化群間比較試験
対象 脂質介入が必要である脂質異常患者でかつ冠動脈石灰化指標(CCS)が1以上999以下である冠動脈疾患一次予防患者
方法 登録時、2年目、4年目に心エコー、毎年血液検査、血圧、心不全重症度等。
期間 2010年4月1日~2018年3月31日

(最終更新日:2014年05月01日)

ご寄付のお願い