日本心臓財団HOME > 日本心臓財団の活動 > 日本心臓財団の助成・賞 > 多施設共同臨床研究助成 > 収縮能が保持された心不全患者を対象としたトルバプタンの短期および長期投与の有用性の検討(ETERNAL)

日本心臓財団の助成・賞

多施設共同臨床研究助成

ETERNAL 収縮能が保持された心不全患者を対象としたトルバプタンの短期および長期投与の有用性の検討(ETERNAL)
英文名 Efficacy of Tolvaptan in heart failure patients with preserved Ejection fraction: multicenter RaNdmized, open-label triAL
略称 ETERNAL
研究代表者 室原 豊明
所属機関・職名 名古屋大学大学院医学研究科循環器内科学・教授
事務局 〒466-8550 名古屋市昭和区鶴舞町65
名古屋大学医学部附属病院循環器内科
TEL: 052-744-2147  FAX: 052-744-2210
研究目的 ループ利尿薬等の従来利尿薬では十分な体液貯留の改善が得られない収縮能が保持された心不全(HFPEF)患者を対象として、従来利尿薬群を比較対象に、トルバプタン投与群での有用性を探索的に検討する
試験デザイン ランダム化、非盲検、並行群間比較試験
対象 収縮能が保持された心不全(HFPEF)患者
方法 トルバプタン群と従来利尿薬増量群の2群間にランダムに割り付け、腎機能、血中電解質濃度、BNPの変化を検討し、トルバプタンの短期および長期投与の有用性を検討する
期間 平成25年6月~平成28年6月

(最終更新日:2014年06月30日)

ご寄付のお願い