日本心臓財団HOME > 日本心臓財団の活動 > 日本心臓財団の助成・賞 > 多施設共同臨床研究助成 > 拡張機能低下型心不全に対するニフェジピンCRの有効性の検討

日本心臓財団の助成・賞

多施設共同臨床研究助成

DEMAND study 拡張機能低下型心不全に対するニフェジピンCRの有効性の検討
研究課題 拡張機能低下型心不全に対するニフェジピンCRの有効性の検討
英文名 Diastolic Heart Failure Management by Nifedipine
略称 DEMAND study
研究代表者 筒井 裕之
所属機関・職名 北海道大学大学院医学研究科循環病態内科学 教授
事務局 〒113-0034 東京都文京区湯島1-6-3湯島1丁目ビル
ヌーベルプラス
電話:03-3814-6262  FAX:03-3814-3388
研究目的 拡張機能低下型心不全患者に通常治療に加えて持続性カルシウム拮抗剤ニフェジピンCRを追加投与することで、拡張機能型心不全の予後を改善するかどうか明らかにする
試験デザイン 非盲検無作為化群間並行比較試験(PROBE法)
対象 高血圧または虚血性心疾患を有する拡張機能低下型心不全患者
方法 ニフェジピンCR追加投与群と通常治療群に分け、心血管死および心不全増悪による入院をプライマリーエンドポイントとして比較する。
期間 2010年1月1日~2018年12月31日

(最終更新日:2015年05月01日)

ご寄付のお願い