日本心臓財団HOME > 日本心臓財団の活動 > 日本心臓財団の助成・賞 > 多施設共同臨床研究助成 > 慢性冠動脈疾患患者におけるイコサペント酸エチルの二次予防効果の検討

日本心臓財団の助成・賞

多施設共同臨床研究助成

RESPECT-EPA 慢性冠動脈疾患患者におけるイコサペント酸エチルの二次予防効果の検討
研究課題 慢性冠動脈疾患患者におけるイコサペント酸エチルの二次予防効果の検討
英文名 Randomized trial for Evaluation in Secondary Prevention Efficacy of Combination Therapy-Statin and Eicosapentaenoic Acid
略称 RESPECT-EPA
研究代表者 代田 浩之
所属機関・職名 順天堂大学大学院医学研究科循環器内科学
事務局 〒606-0805 京都市左京区下鴨森本町15 一般財団法人 生産開発科学研究所
電話:075-781-1107
研究目的 慢性冠動脈疾患患者を対象に、対照群(通常治療)とEPA群(通常治療+高純度EPA製剤追加投与)にランダムに割り付けし、心血管イベント抑制効果を比較検討する。また、観察研究も実施し、EPA/AA比とイベント発症との関連を検討する。
試験デザイン 非盲検無作為化群間比較試験および前向きコホート試験
対象 慢性冠動脈疾患(急性期は除く)の既往のある患者で1ヶ月以上スタチンを服用中の患者
方法 同意取得された対象患者に対して脂肪酸分画測定を行い低EPA/AA症例を対照群(通常治療:スタチン投与)とEPA群(通常治療+高純度EPA製剤追加投与)に分け、心血管イベント発症を比較する。また、高EPA/AA症例(スタチン投与)と低EPA/AAの対照群症例の集団にて観察研究することでEPA/AAと心血管イベントとの関連を検討する
期間 登録期間:2013年11月~2016年10月(3年)
追跡期間:登録期間終了後3年間

(最終更新日:2016年05月10日)

ご寄付のお願い