日本心臓財団HOME > 日本心臓財団の活動 > 日本心臓財団の助成・賞 > 多施設共同臨床研究助成 > 高コレステロール血症を有するハイリスク高齢患者(75歳以上)に対するエゼチミブの脳心血管イベント発症抑制効果に関する多施設共同無作為化比較試験

日本心臓財団の助成・賞

多施設共同臨床研究助成

EWTOPIA75 高コレステロール血症を有するハイリスク高齢患者(75歳以上)に対するエゼチミブの脳心血管イベント発症抑制効果に関する多施設共同無作為化比較試験
英文名 Ezetimibe Lipid Lowering Trial on Prevention of Atherosclerosis in 75 or Older
略称 EWTOPIA75
研究代表者 大内 尉義
所属機関・職名 国家公務員共済組合連合会虎の門病院
事務局 公益財団法人パブリックヘルスリサーチセンター先端生命医科学研究所
〒169-0051
東京都新宿区西早稲田1-1-7
電話:03-5287-2633  FAX:03-5287-2634
研究目的 75歳以上の高齢者に対する脂質低下療法の効果を検証する
試験デザイン 多施設共同、前向き、ランダム化、オープン、評価者盲検試験(PROBE)
対象 冠動脈疾患の危険因子を1つ以上持つ75歳以上のつ高LDL血症患者
方法 ハイリスク高齢者を食事療法のみの群と食事療法+エゼチミブ投与群との二群にランダムに割り付け、脳心血管イベントの発症を比較する
期間 2008年12月~2018年12月

(最終更新日:2014年05月01日)

ご寄付のお願い