日本心臓財団HOME > 日本心臓財団の活動 > 日本心臓財団の助成・賞 > 多施設共同臨床研究助成 > 冠攣縮研究会

日本心臓財団の助成・賞

多施設共同臨床研究助成

CSA 冠攣縮研究会
研究課題 冠攣縮研究会
英文名 Coronary Spasm Association
略称 CSA
研究代表者 下川宏明
所属機関・職名 東北大学大学院医学系研究科循環器内科学教授
事務局 東北大学東北大学大学院医学系研究科循環器内科学
〒980-8574 仙台市青葉区星陵町1-1
(Tel) 022-717-7153 (Fax) 022-717-7156
研究目的 日本人の虚血性心臓病の成因に極めて重要な冠攣縮の病態を全国多施設共同ならびに国際共同研究を行い明らかにすること
試験デザイン 国際共同前向きレジストリ研究
対象 冠攣縮性狭心症患者および類似疾患(微小血管狭心症・たこつぼ心臓病)
方法 多施設共同研究
冠攣縮性狭心症・微小血管狭心症・たこつぼ心筋症患者を登録し、以降5年間にわたり心事故発生(突然死・非致死的心筋梗塞・不安定狭心症入院・心不全入院)や症状・服薬・リスクファクターの管理の状況を、アジア・オセアニア・ヨーロッパの参加施設において前向きに調査する。
期間 2011年4月~2023年3月

(最終更新日:2017年05月08日)

ご寄付のお願い