日本心臓財団HOME > 日本心臓財団の活動 > 日本心臓財団の助成・賞 > 多施設共同臨床研究助成 > 慢性心不全治療において利尿薬が左室拡張能に及ぼす影響の検討

日本心臓財団の助成・賞

多施設共同臨床研究助成

慢性心不全治療において利尿薬が左室拡張能に及ぼす影響の検討
研究課題 慢性心不全治療において利尿薬が左室拡張能に及ぼす影響の検討
研究代表者 増山 理
所属機関・職名 兵庫医科大学内科学循環器内科教授
事務局 〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1-1
兵庫医科大学循環器内科
TEL 0798-45-6554
研究目的 慢性心不全に対する長時間作用型利尿薬と短時間作用型利尿薬の長期連用が左室拡張能に及ぼす効果を検討
試験デザイン 前向き無作為オープン比較介入試験
対象 慢性心不全患者
方法 長時間作用型利尿薬(アゾセマイド)群と短時間作用型利尿薬(フロセマイド)群に割り付け、2年間観察
期間 2006年4月~2020年3月

(最終更新日:2015年04月30日)

ご寄付のお願い