日本心臓財団HOME > 日本心臓財団の活動 > 一般刊行物 > ハートニュース > あなたの心臓がどのくらい働いているか知りたくありませんか?(2009年発行)

日本心臓財団刊行物

ハートニュース

あなたの心臓がどのくらい働いているか知りたくありませんか?(2009年発行)

■PDFダウンロード: PDF PDFファイル

企画:日本循環器学会教育研修委員会
監修:今泉 勉  久留米大学医学部心臓・血管内科 主任教授
発行:日本心臓財団

 

あなたの心臓がどのくらい働いているか知りたくありませんか?

ちょっとした動作で息切れがする…
主治医にご相談ください!
それはあなたの心臓の異常を知らせる
サインかもしれません。

 

BNP測定
心臓のストレス度がわかります
血液中のBNP(脳性ナトリウム利尿ペプチド)は、心臓にストレスがかかると、心室から分泌されるホルモンです。BNPの濃度が高いと、心臓の働きが弱っている可能性が強くなります。

簡単な検査で心臓の働きを調べることができます。


 
もっと詳しく知りたいなら・・・
心臓に負荷をかけて調べる
「運動負荷テスト」
実際に運動をして心臓に負荷をかけた状態で心電図を測定します。運動したときだけあらわれる心臓の異常を調べます。
X線検査
心臓が大きくなっているのがわかります
心臓に高血圧などの負担がかかると、より強い力で血液を押し出すために、心筋が厚くなり肥大していきます。この状態が続くと、心臓が弱っていきます。

超音波検査
心臓の働きが鈍くなっているのがわかります
心臓が弱ってくると、ポンプとしての働きが鈍くなり、全身に必要な血液を送ることができなくなります。

日本心臓財団とは
日本心臓財団は、わが国三大死因のうちの心臓病と脳卒中の制圧を目指して、1970年に発足いたしました。当財団は、研究に対する助成や予防啓発、また世界心臓連合加盟団体としての諸活動を通して、心臓血管病の予防・制圧に努めております。当財団は皆様のご寄付により運営されています。どうぞ皆様のご協力をお願い申しあげます。


月刊心臓

ご寄付のお願い