日本心臓財団HOME > 日本心臓財団の活動 > 一般刊行物 > ハートニュース > 再び注目されている冠攣縮性狭心症ってどんな病気?(2008年発行)

日本心臓財団刊行物

ハートニュース

再び注目されている冠攣縮性狭心症ってどんな病気?(2008年発行)

■PDFダウンロード: PDF PDFファイル

企画:日本循環器学会教育研修委員会
監修:末田 章三 済生会西条病院副院長/循環器科副部長
発行:日本心臓財団

日本人に多い冠攣縮性狭心症

労作性狭心症 狭心症は、心臓に酸素や栄養を送っている冠動脈が狭くなって、一時的に心臓に十分な血液が行き届かなくなる病気で、胸痛や圧迫感などの症状が起こります。冠動脈が狭くなる原因によって、労作性狭心症と冠攣縮性狭心症の二つに大別されます。労作性狭心症が運動などの動作をした時に起こるのに対し、冠攣縮性狭心症は、就寝中などの安静時にも起こるため、安静狭心症と呼ばれることもあります。

 「冠攣縮」とは、冠動脈のけいれんのことで、瞬間的に起こるため、病院で心電図検査を行ってもほとんど見つかりません。しかし、狭心症の6割に冠攣縮が関与しているといわれ、突然死も起こす恐ろしい病気であり、さらに日本人の冠攣縮性狭冠攣縮性狭心症心症は欧米人に比べて約3倍多いといわれていることからも、早期発見、早期治療が大切です。

こんな人は要注意!!

  冠攣縮は男性に起こりやすく、特に喫煙は大きな危険因子であることが分かっていますので、まずは禁煙を心がけてください。そのほか、不眠、過労、ストレス、アルコールの飲みすぎなども発作の誘因となります。これらは、動脈硬化を進める原因にもなりますので、生活習慣を見直し、改善するように努力しましょう。

冠攣縮を予防するために

  冠攣縮性狭心症と診断されたら、硝酸薬やカルシウム拮抗薬などのお薬によって、冠攣縮を予防する治療を行います。冠攣縮が疑われる場合は、ステント治療後も薬物治療が必要です。
  お薬の飲み忘れや自己判断で中止することがないよう、医師の指示を守って正しく服用することが大切です。また、狭心症の発作を起こしたことがある人は、ニトログリセリンの舌下錠やスプレーを常に携帯しましょう。

こんな症状ありませんか?/冠攣縮を予防するために

日本心臓財団とは
日本心臓財団は、わが国三大死因のうちの心臓病と脳卒中の制圧を目指して、1970年に発足いたしました。当財団は、研究に対する助成や予防啓発、また世界心臓連合加盟団体としての諸活動を通して、心臓血管病の予防・制圧に努めております。当財団は皆様のご寄付により運営されています。どうぞ皆様のご協力をお願い申しあげます。


月刊心臓

ご寄付のお願い