日本心臓財団HOME > 日本心臓財団の活動 > 一般刊行物 > ハートニュース > 心臓病を防ぐ食生活とは

日本心臓財団刊行物

ハートニュース

心臓病を防ぐ食生活とは

■PDFダウンロード: PDF PDFファイル

企画:日本循環器学会教育研修委員会
監修:筒井 裕之 北海道大学大学院医学研究科循環病態内科学教授
発行:日本心臓財団

食生活の変化による心臓病が増加中!!

 日本人の心臓病が増加しています。なかでも、とくに増えているのが、狭心症や心筋梗塞などの「虚血性心疾患」。心臓に血液を送っている血管(冠動脈)が動脈硬化によって詰まり、心臓に酸素や栄養が十分に行き渡らなくなるために起こる病気です。
  こうした虚血性心疾患が増加している原因の一つに、食生活の欧米化があります。もともと、日本人の食事は、米が主食で、魚や野菜の摂取量が多く、低カロリー、低脂肪の心臓にやさしい食事でした。しかし、欧米の食事は肉食中心で高カロリー、高コレステロールなのが特徴で、食べ過ぎると肥満をはじめ高血圧、高脂血症などの原因となります。これらの生活習慣病は、ひとつだけでも心臓病の危険因子になりますが、いくつか重なったメタボリックシンドロームの状態になると、動脈硬化が急速に進み、心臓病になりやすくなります。
  心臓病を予防するためにも、まず、毎日の食生活の見直しが大切です。

脂肪とり過ぎていませんか?

 日本人の食生活でとくに問題となっているのが、脂肪のとり過ぎです。50年ほど前と比べ、1日のエネルギー摂取量はほとんど変化していないにもかかわらず、総エネルギーに占める脂肪の摂取量が2〜3倍にも増えているのです。
  脂肪をとり過ぎると、血液中のコレステロールが増え、動脈硬化が進みます。そのため、コレステロール値が高ければ高いほど、心臓病の危険が高くなることがわかっています。
  脂肪は量だけでなく、何をとるかも重要です。肉や乳製品などの動物性脂肪より、魚や植物性の脂肪をとるようにしましょう。

日本心臓財団より

 日本心臓財団は、わが国三大死因のうちの心臓病と脳卒中の制圧を目指して、1970年に発足いたしました。
 当財団は、研究に対する助成や予防啓発、また世界心臓連合加盟団体としての諸活動を通して、心臓血管病の予防・制圧に努めております。当財団は皆様のご寄付により運営されています。どうぞ皆様のご協力をお願い申しあげます。
 健康ハート・ハートニュース・健康ハート叢書を送付ご希望の方は、
 いずれも200円分の切手を同封の上、ご住所、お名前を明記し、下記まで郵送にてお申し込みださい。


月刊心臓

ご寄付のお願い