日本心臓財団HOME > 日本心臓財団の活動 > 一般刊行物 > ハートニュース > 心臓突然死を防ぐために

日本心臓財団刊行物

ハートニュース

心臓突然死を防ぐために

■PDFダウンロード: PDF PDFファイル

企画:日本循環器学会教育研修委員会
監修:栗田 隆志 国立循環器病センター心臓血管内科医長
発行:日本心臓財団

突然死の原因となる病気 説明図

心臓病と突然死の危険な関係
 
 それまで健康だった人が、ある日突然、命を落とす。そんな「突然死」の恐怖は、決して人ごとではありません。突然死は、予期しない急死のことで、発症から二十四時間以内の死亡と定義されています。原因は、心筋梗塞をはじめ、心筋症、弁膜症、心不全などの心臓病によるものが六割以上を占め、そのほとんどが心室で生じる致死的な不整脈に起因するといわれています。
  こうした心臓病が原因で起こる「心臓突然死」は、発症から一時間以内で死亡するケースが多く、その数は、米国では毎年四〇万人以上、日本でも三〜四万人といわれ、今後高齢者人口の増加に比例して、さらに増えるのではないかと予想されています。予知が難しいとされる突然死ですが、心臓の異常を早く発見し、適切な治療を受けることで、予防することが可能です。


心臓突然死の八割は
心室細動が原因

 心臓はふつう、洞結節という発電所で作られた電気的興奮が、心房から心室へと伝わることにより、規則正しく収縮と弛緩を繰り返しています。この電気の発生や伝導経路にトラブルが起こり、拍動が不規則になった状態が不整脈です。
  不整脈のなかでも、心室頻拍や心室細動は致死性の高い不整脈です。心臓病が原因で起こる突然死のうち、心臓が止まる直接の原因の約八割が心室細動によるものといわれています。
心臓の電気の流れ 説明図
心室頻拍と心室細動の説明図

心臓突然死の危険性チェックリスト 説明図

突然死を予防するには

 こうした危険な不整脈を起こした人、起こすおそれのある人は、適切な治療を受けることが大切です。抗不整脈薬による薬物治療は、もっとも広く行われている治療です。また、心停止状態になったときに自動的に電気ショックを与えるICD(植え込み型除細動器)による治療も、突然死予防に成果をあげています。
  心臓病の人は、過度な運動やストレス、睡眠不足などによって、危険な不整脈が現れる場合もありますので、生活習慣に十分注意してください。

日本心臓財団より

 日本心臓財団は、わが国三大死因のうちの心臓病と脳卒中の制圧を目指して、1970年に発足いたしました。
 当財団は、研究に対する助成や予防啓発、また世界心臓連合加盟団体としての諸活動を通して、心臓血管病の予防・制圧に努めております。当財団は皆様のご寄付により運営されています。どうぞ皆様のご協力をお願い申しあげます。
 健康ハート・ハートニュース・健康ハート叢書を送付ご希望の方は、
 いずれも200円分の切手を同封の上、ご住所、お名前を明記し、下記まで郵送にてお申し込みださい。


月刊心臓

ご寄付のお願い