日本心臓財団HOME > 日本心臓財団の活動 > 一般刊行物 > ハートニュース > 弁膜症治療の最前線

日本心臓財団刊行物

ハートニュース

弁膜症治療の最前線

■PDFダウンロード: PDF PDFファイル

弁膜症治療の最前線

企画:日本循環器学会/教育研修委員会
監修:高本眞一(東京大学大学院医学系研究科臓器病態外科心臓外科・呼吸器外科教授)
発行:日本心臓財団/後援:日本医師会/協賛:第一製薬

弁膜症とは心臓弁の病気

 心臓には血流が一方向にスムーズに流れるように四つの弁がついています。弁膜症は、その弁に異常が起こって開閉がうまくいかなくなった状態をいいます。弁膜症の多くは心臓の左側にある僧帽弁、大動脈弁でみられ、弁の開きが悪く血液が流れにくくなる狭窄症や、弁が完全に閉まらずに血液が逆流する閉鎖不全症があります。
 自覚症状としては、息切れ、動悸、全身倦怠感、浮腫といった心不全症状が現れたり、不整脈が頻繁にみられたりします。

 

症状が現れたら
外科治療

 弁膜症の診断は、自覚症状のほか、聴診による心雑音、X線検査による心拡大により疑われ、心臓の超音波検査で確定診断されます。自覚症状が出た段階では病状がかなり進んでいることもありますので、年に一回は定期的に健診を受けて早期発見するようにしましょう。
 弁膜症治療は、軽度の段階では薬物治療が行われますが、息切れ、動悸などの症状が現れてきたら手術の適応になります。

 大動脈弁の弁置換術では、人工弁のほかに亡くなられた人から提供を受けた心臓弁(ホモグラフト)を移植することもあります。とくに感染性心内膜炎といった感染性の病気にはホモグラフトの移植が優れています。
 もう一つは、大動脈弁のところに自分の肺動脈弁(オートグラフト)を使い、取った肺動脈弁のところはホモグラフトに置換するといった手術も行われています。この利点は、とくに子どもの場合、重要な大動脈弁が自分の組織で置換されるため、からだの成長に伴って弁も成長することです。
 
弁の組織移植

ホモグラフト

オートグラフト

新しい
弁形成術
  弁膜症の外科治療の代表的なものに弁形成術と弁置換術があります。
 弁形成術は弁を温存して、弁とその周囲の形を整え、機能を回復させる手術です。近年は技術の向上が著しく、僧帽弁閉鎖不全症では八〇%が弁形成術になってきています。
 弁置換術は弁そのものを人工弁などに換える手術です。弁形成術に比べ、ウシやブタの心臓弁でつくられた生体弁では寿命が一〇〜十五年と限られることや、半永久的に使える機械弁では血栓ができやすいため抗凝固薬を一生飲み続けるといった制約があります。
 また、一部の僧帽弁狭窄症に対しては、カテーテル(細い管)を使い、患者さんの負担の少ない手術も行われています。この手術は足の静脈血管からカテーテルを入れ、僧帽弁の狭窄部をバルーン(風船)で広げる経皮的僧帽弁形成術(PTMC)と呼ばれています。
 大動脈弁膜症は弁が薄く小さいため、弁置換術を行う場合が多いのが現状です。


不足している 
ホモグラフト
 ホモグラフトは、角膜や腎臓のように心臓死された人から提供していただくもので、凍結保存することができます。しかし現在、このホモグラフトは不足しています。人の命を救うことができるホモグラフトの組織バンクをぜひ知ってください。
連絡先
東京:東京大学医学部心臓外科呼吸器外科、東大組織バンク
・心臓外科医局 03-5800-8654
・直通携帯 090-3092-7330
大阪:国立循環器病センター組織保存バンク
・臓器移植対策室 (代)06-6833-5012

日本心臓財団より

日本心臓財団は、わが国三大死因のうちの心臓病と脳卒中の制圧を目指して、1970年に発足いたしました。
 当財団は、研究に対する助成や予防啓発、また世界心臓連合加盟団体としての諸活動を通して、心臓血管病の予防・制圧に努めております。当財団は皆様のご寄付により運営されています。どうぞ皆様のご協力をお願い申しあげます。
健康ハート・ハートニュース・健康ハート叢書を送付ご希望の方は、
いずれも200円分の切手を同封の上、ご住所、お名前を明記し、下記まで郵送にてお申し込みださい。


月刊心臓

ご寄付のお願い