日本心臓財団HOME > 日本心臓財団の活動 > 一般刊行物 > ハートニュース > 僧帽弁狭窄症と閉鎖不全症

日本心臓財団刊行物

ハートニュース

僧帽弁狭窄症と閉鎖不全症

■PDFダウンロード: PDF PDFファイル

僧帽弁狭窄症と閉鎖不全症 Vol.44(2003年-No.4)

企画:日本循環器学会/教育研修委員会
監修:宮武 邦夫(国立循環器病センター副院長)
発行:日本心臓財団/後援:日本医師会/協賛:トーアエイヨー株式会社

イラスト-血液の流れと心臓弁

  弁膜症とは心臓弁の疾患

 心臓には左右の心房と心室という四つの部屋があります。全身に送られた血液は静脈を通って心臓に戻されます。そして右心房から右心室へ流れ、肺動脈を通って肺で新しい酸素を含んだ血液になります。その後、血液は肺静脈を通って左心房から左心室へ流れ、動脈を通って全身へと送られます。この流れを一方向に保つため、心室の入口と出口のところに心臓弁があり、閉じたり開いたりして調節しています。
 心臓弁は心臓の内腔を覆う内膜が伸びてひだ状になってできたものです。そのため心臓弁の疾患を弁膜症と呼んでいます。心臓弁は、左心房と左心室の間にある僧帽弁と、左心室の出口にある大動脈弁、右心房と右心室の間にある三尖弁と、右心室の出口にある肺動脈弁の四つです。僧帽弁は二枚の弁尖、他の心臓弁は三枚の弁尖でできています。

僧帽弁狭窄症とは

四つの弁(上から見た図)
   僧帽弁は正常では弁口の面積が四〜六平方センチありますが、僧帽弁狭窄症の中等度では一・五平方センチ、重症になると一平方センチ以下になります。そのため左心房から左心室に流れ込む血液が少なくなり、左心房内の圧が高まり、肺循環のうっ血が起こります。その結果、肺水腫が生じることもあります。また、左心房が拡大すると心房細動という不整脈を起こすことがあります。
 心房細動は左心房内の血液をうっ滞させるため、血液のかたまり(血栓)ができやすくなり、その血栓が動脈を流れて脳や手足の血管を詰まらせ、脳梗塞や塞栓症を起こすことがあります。僧帽弁狭窄症の主な症状は息切れです。せきがでることもあります。

僧帽弁閉鎖不全症は弁が完全に閉鎖しないために、左心室から左心房に血液が逆流して起こる疾患です。軽度の場合、症状は現れませんが、逆流の程度が進むと、狭窄症と同様に肺水腫や心房細動、血栓症などを起こします。また大動脈に十分な血液が送り出せないため、呼吸困難などの心不全の症状が出てきます。  
僧帽弁閉鎖不全症とは

リウマチ熱が原因の
弁膜症の減少と僧帽弁逸脱症の増加

弁膜症は、溶連菌感染により起こるリウマチ熱が主な原因ですが、最近はわが国でも見ることは少なくなりました。五〇歳以上の方が子どもの頃、戦後の感染対策が不十分な時代にリウマチ熱に罹り、それが徐々に進行して弁が癒着し、弁膜症になるケースがほとんどです。それ以外にはまれですが先天性のものなどがあります。
 また、最近増えてきているのが、弁がずれたり、反転したりする僧帽弁逸脱症です。弁の変性や弁を支えているヒモ(腱索)の異常などが原因ですが、なぜそうなるかはまだわかっていません。
 もう一つ閉鎖不全を起こす原因として心筋梗塞などの虚血性心疾患によるものがあります。心筋が障害を受けると、弁の開閉にかかわっている乳頭筋が影響を受けて弁が完全に閉じることができなくなるのです。

診断に威力を発揮する超音波検査
超音波図 弁膜症に関しては、以前は聴診器で心雑音を聴き取って診断をしていました。現在は超音波検査で弁の動きを画像でみることができるようになりました。カラードップラー法を用いると血液の逆流も画像化することができ、さらに診断が容易になってきています。
 治療は、症状が軽い場合は薬物療法、重い場合は手術を行います。

日本心臓財団より

日本心臓財団は、わが国三大死因のうちの心臓病と脳卒中の制圧を目指して、1970年に発足いたしました。
 当財団は、研究に対する助成や予防啓発、また世界心臓連合加盟団体としての諸活動を通して、心臓血管病の予防・制圧に努めております。当財団は皆様のご寄付により運営されています。どうぞ皆様のご協力をお願い申しあげます。
健康ハート・ハートニュース・健康ハート叢書を送付ご希望の方は、
いずれも200円分の切手を同封の上、ご住所、お名前を明記し、下記まで郵送にてお申し込みださい。


月刊心臓

ご寄付のお願い