日本心臓財団HOME > 日本心臓財団の活動 > 一般刊行物 > ハートニュース > 慢性心不全の生活管理−食事と入浴−

日本心臓財団刊行物

ハートニュース

慢性心不全の生活管理−食事と入浴−

■PDFダウンロード: PDF PDFファイル

慢性心不全生活管理−食事と入浴

慢性心不全は生活管理が大切

 心不全とは、あらゆる心臓病の最後に出てくる症状であり、心臓のポンプ機能が低下して全身に必要な血液量が送れない状態をいいます。心不全の患者さんは薬物療法などに加えて日常生活の管理がとくに重要になってきます。軽症の慢性心不全(中等度以上の労作で動悸・息切れなどの症状が出る)では、日常生活上どんな注意が必要か、とくに食事と入浴を中心に紹介しましょう。
 日常生活の管理は患者本人の自覚はもちろんですが、家族の協力があって、はじめてできることです。慢性心不全の特徴をよく理解していただき、病態の進行を防ぐという本人、家族の一致した気持ちが持続するカギになります。


 

食事では塩分摂取の制限が大事です。日本人の平均的な食塩摂取量は一日十二?といわれていますが、軽症の慢性心不全では一日七?程度に制限します。塩分の成分であるナトリウムは、水を体に呼び込む性質があり、食塩を多く摂取すると循環血液量が増加して心臓に負担がかかるからです。ナトリウム一分子に対して水二〇分子を引きつけるといわれています。

 塩分は食物にすでに含まれています。パンやうどんといった加工食品にも相当量含まれているので、知っておきましょう。食塩の使い方の工夫として、食べるものに少々振りかけるほうが、塩味を感じやすく少量の摂取量ですみます。煮物など調理中に使った場合、あまり塩気を感じずに摂取量が多くなることがあるため、注意してください。

 また食塩(ナトリウム)は血管を収縮させる作用があります。逆にカリウムは、ナトリウムの血管収縮作用を抑制する作用がありますので、腎臓疾患がなければ、カリウムを多く含んだリンゴやブドウなどの果物やレタスなど生野菜を多く食べましょう。

 過剰な体液の増加を防ぐため、水分を必要以上に摂らないことも大切です。心不全の患者さんは、脳が過剰に水分不足を感じて、渇きを強く感じたり、塩気を求める傾向がありますので、水分を摂りすぎないように気をつけましょう。
 また、過食は避けましょう。肥満を合併している場合は、カロリー制限が必要です。

食事 塩分の制限が重要
 

入浴は体の血管が拡張して心臓が楽になり、リラックスもできるので、慢性心不全の患者さんにもおすすめできます。しかし、冬場の入浴や熱い湯などは心臓に負担をかけて、心事故を起こす原因にもなりますので、十分な注意が必要です。

 軽症慢性心不全の患者さんの入浴では、和式の浴槽(坐位入浴)を使用した場合、四〇度の微温に調節し、四十二〜四十三度にはあげないことが大切です。水量は坐位入浴で胸の高さまでとし、入浴時間は三分間以内というのが推奨できる入浴法です。和式の浴槽は湯量が多いので、首までお湯に浸かると静水圧がかかり心臓の負担になります。また、高温も体の負担になります。

 入浴時は浴室全体を温めておき、洗い場との温度差をできるだけ少なくしておくことも事故を防ぐために大切です。

入浴 お湯は胸の高さまで、40度の微温浴で3分間

 
日本心臓財団より

日本心臓財団は、わが国三大死因のうちの心臓病と脳卒中の制圧を目指して、1970年に発足いたしました。
 当財団は、研究に対する助成や予防啓発、また世界心臓連合加盟団体としての諸活動を通して、心臓血管病の予防・制圧に努めております。当財団は皆様のご寄付により運営されています。どうぞ皆様のご協力をお願い申しあげます。

健康ハート・ハートニュース・健康ハート叢書を送付ご希望の方は、
いずれも200円分の切手を同封の上、ご住所、お名前を明記し、下記まで郵送にてお申し込みださい。


月刊心臓

ご寄付のお願い