日本心臓財団HOME > 日本心臓財団の活動 > 一般刊行物 > ハートニュース > 不整脈(ペースメーカー)

日本心臓財団刊行物

ハートニュース

不整脈(ペースメーカー)

■PDFダウンロード: PDF PDFファイル

不整脈  (ペースメーカー)

企画   日本循環器学会  教育研修委員会
監修   大江 透   岡山大学医学部 循環器内科教授
発行   財団法人 日本心臓財団

不整脈とペースメーカー治療
ペースメーカー・イラスト 心臓は一日に約10万回、収縮と拡張を繰り返しています。その拍動リズムは、特殊な心臓の筋肉の集まりである洞結節から発生する電気的な刺激(興奮)によって起こります。この洞結節がいわば発電所であり、電線に相当する伝導路を伝わった興奮が心房や心室を収縮させて、全身に規則正しく血液を送り出しています。ところが、この興奮が何らかの原因で正常に伝わらなくなった状態を不整脈と呼びます。ペースメーカーの図解
 不整脈の種類には、大きく分けて脈がとぶ期外収縮、脈が速くなる頻脈、脈が遅くなる徐脈の三つがあります。また、不整脈には治療の必要のないものから危険なものまでいろいろあります。
 ペースメーカーという小さな機械で治療できる不整脈は徐脈です。徐脈には伝導路が障害されている房室ブロックと、洞結節自体の働きが悪くなって規則的な電気刺激が発生しない洞不全症候群があります。
 一分間の脈拍数が40を切るような状態になると、体を動かしたとき激しい息切れが起こったり、脳に十分な血液を送れなくなるため意識がもうろうとしたり、意識を一時失ったりすることがあります。そうした徐脈の治療には、ペースメーカーが効果を発揮します。ペースメーカーは電池と発振装置、リード(導線)からなる人工臓器で、障害されている洞結節、伝導路の代わりに電気的な刺激を心筋に与えて、拍動リズムをコントロールします。

TOP

日常生活の注意
携帯電話に注意・イラスト ペースメーカーは磁石や磁気にあまり近づけすぎると誤作動を起こすことがあり、動悸や不快感が生ずることがあります。身の回りにある家庭電気製品は心配ありません。電磁波で調理する家庭用電子レンジでも、抱えるほど密着しなければ影響ありません。
 影響があるのは、強い電磁気を発生させる大型の発電装置や溶接器、また高出力の送信塔、高圧電線の下などで、脈の異常を感じた場合にはすぐに離れるようにしましょう。
 最近、携帯電話が普及していますが、日本医用機器工業会、ペースメーカー協議会のガイドラインでは、
「22センチ以上離れること」
としています。ですから、隣りの人が使っていたからと
いって心配する必要はありません。患者さんの中にも携帯電話を利用している人がいます。ペースメーカーの種類によっても違いますので、心配な方は病院へ携帯電話をもって行き、ペースメーカーの作動をチェックしてもらうといいでしょう。

TOP

脈をとる習慣をつける
脈をとる・イラスト 患者さんにとってペースメーカーは一生のおつき合いです。国ではペースメーカー使用の患者さんに身体障害者手帳を発行しています。
 日常生活は健康な人と同じようにできますが、磁石、電磁気には注意が必要です。そこで日頃から脈をとる習慣をつけておくとよいでしょう。脈が異常なとき、何か回りに電磁気を帯びた原因となるものを探る手がかがりにもなります。そうした変調があったときは、すぐに医師に相談してください。

TOP

進化する小型ペースメーカー
軽量ペースメーカー・イラスト

ペースメーカーが発明される以前は、重い徐脈の患者さんは寝たきりの生活を強いられたり、亡くなることも多くありました。1930年代から試作が始まり、1957年に身体の外に付けるペースメーカーが開発され、1960年には皮膚の下に装着する(植え込み式)ペースメーカーが初めて使用されました。その後は急速に技術が進歩したことにより、どんどん小型軽量化し、高度な機能をもったペースメーカーがつくられています。現在では、20〜60g程度の軽量なものが使用されており、患者さんがほとんど生活に不便を感じない程度になっています。
 手術も局所麻酔による簡単なもので、現在、日本の年間の植え込み件数はおよそ13,000件といわれています。
 初期のペースメーカーは決まった回数だけ刺激する固定型が主流でしたが、最近はデマンド型といって脈拍が少なくなったときにだけ刺激するといったものもつくられています。また体動や呼吸、体温などを感知し、より自然に近いリズムを刻むペースメーカーも市販されています。将来は、感情の動きまで感知して調節するものもできるかもしれません。


月刊心臓

ご寄付のお願い