home back next

ハートニュースインターネット

Vol.21

突然死はなぜ起こる
企画 日本循環器学会 教育研修委員会
監修 小川 聡 慶應義塾大学医学部内科教授
発行 日本心臓財団
六割以上が心臓病に原因
何の前兆もなく働き盛りの人を襲う突然死。突然死とは、「予期していない突然の病死」のことで、急死ともいい、発症から死亡までの時間が24時間以内という医学的定義がされています。
 突然死の原因には、急性心筋梗塞、狭心症、不整脈、心筋疾患、弁膜症、心不全など心臓病によるものが六割以上と多く、ほかに脳血管障害、消化器疾患などがあります。
 突然死の中でも心臓病に原因するものを心臓突然死といい、急性症状が起こってから1時間以内と短時間で死亡するため、「瞬間死」ともいっています。心臓突然死は年間約5万人といわれ、その中で特に多いのが急性心筋梗塞です。
 心臓突然死は先にあげた心臓病が原因となりますが、心臓が停止する直接の原因は、心室細動という不整脈が大部分です。心筋梗塞を例にあげれば、心臓に栄養と酸素を送る冠動脈に動脈硬化が進行して血管の内側(内腔)が狭くなり、さらに狭くなった部分に血栓が詰まると、そこから先の血流が途絶えて心筋が壊死してしまうのが心筋梗塞です。こうした事態が発生した後30分〜1時間で致死的な不整脈である心室細動が起こるのです。心室細動では、心室筋が協調した動きを失い、心臓はポンプとしての機能を失います。そのため脳に血液を送ることができなくなり死に至ります。突然死の死因グラフ
死亡前の生活活動・グラフ

TOP

心筋梗塞予防は生活習慣の見直しから
ストレスは突然死の原因・イラスト 動脈硬化は生活習慣病といわれ、日常の食生活や運動不足が深く関係しています。
動脈硬化の危険因子である高血圧、高脂血症、肥満、糖尿病、運動不足、喫煙、ストレスは、二つ三つと重なると、それぞれは軽度であっても心筋梗塞を発症する割合が高くなることが知られています。

 今のところ、健康な人でも定期的な健診を行い、こうした危険因子をチェックすることが大切です。
すでに危険因子をもっている人は医師の指示を受けて、症状が進まないようにコントロールしましょう。
ストレス解消を心がける・イラスト

 狭心症の段階で見つかれば、狭くなった血管を広げる治療法で突然死を未然に防ぐことも可能です。しかし、痛みの前兆がないタイプを早期に発見することはなかなか困難です。こうした突然死にはストレスが大きくかかわっているといわれています。先の阪神淡路大震災や湾岸戦争、ロサンゼルス地震では、心臓突然死が急増したと伝えられています。精神的なストレスが急速に動脈硬化を促進すると考えられます。今日、問題となっている過労死も同様です。ストレス解消に心を向ける余裕が突然死をさけることにつながります。

TOP

就寝中に多い突然死
 突然死はどんなときに起こるのでしょうか。平成六年度の厚生省の突然死に関する研究では、就寝中がもっとも多く、次いで入浴中、休養・休憩中、排便中となっています。また、突然死の原因でもっとも多い心筋梗塞発作は朝方にピークがあることが知られています。
 心筋梗塞の発作には通常、激しい胸の痛みがともないます。心筋梗塞の発症には、前兆として狭心症の発作を何回か繰り返す(不安定狭心症)タイプと、まったく前兆がなく心筋梗塞の発作を起こすタイプがあります。後者のタイプには、以前に心筋梗塞を起こしたり、糖尿病の進行により神経に障害があったりして狭心発作が起きていても痛みを感じない場合も含まれます。心筋梗塞の多くは、狭心症を起こさない程度の軽い動脈硬化がストレス等が引き金となって突然破裂したり裂けたりし、その傷ついた血管に血栓が詰まることで発症することが知られています。
 いずれにしても、心筋梗塞発作の原因は動脈硬化にあり、その進行を防ぐことが大切です。

TOP

植え込み型除細動器(ICD)
植え込み型除細動器(ICD)・イラスト 心臓突然死は致死的な不整脈である心室細動が起こり、それが心停止の直接の原因になります。その心室細動を電気的に除去するのが除細動器です。救急医療の現場で心筋梗塞で担ぎ込まれた患者さんに除細動器を使って、直接心臓に一瞬電流を流す療法が行われていますが、この除細動器を小型化し、ペースメーカーのように胸の皮膚の下に埋め込めるようにしたものが植え込み型除細動器です。

TOP

home back next