日本心臓財団HOME > 心臓関連イベント・ニュース > 2015年 >市民セミナー「AED導入10年目に見えた課題と将来展望」~終了しました

心臓関連イベント・ニュース

心臓関連イベント・ニュース

市民セミナー「AED導入10年目に見えた課題と将来展望」~終了しました

NPO大阪ライフサポート協会 市民セミナー2015
AED導入10年目に見えた課題と将来展望

日 時 2015年3月 8日(日)13:00~16:30 

会 場 佐治敬三メモリアルホール(大阪大学中之島センター10階)
    (大阪市北区中之島4-3-53) 

定 員 150名《ただし事前申込先着順》

参加費 無料 

プ ロ グ ラ ム
開始の挨拶
13:00~13:05
 大阪ライフサポート協会 理事長 西本泰久

第一部「講演」
13:05~13:35

<座長>
 西本泰久理事長

AED導入10年目に見えた課題と将来展望
  講師:三田村秀雄氏
 (減らせ突然死プロジェクト実行委員会委員長、
  国家公務員共済組合連合会立川病院院長)

第二部「講演」
13:35~15:00

<座長>
石見拓副理事長

Ⅰ.「大阪ライフサポート協会10年の活動から見えた課題」
  演者:西本泰久 理事長

Ⅱ.「AEDの開発・製造・販売からみた課題」
  演者:大高 守 氏
  ([JEITA]一般社団法人電子情報技術産業協会体外式除細動器WG主査)

Ⅲ.「AED10周年関連取材から見えた課題」
  演者:三瓶祐樹 氏(NHK報道局 記者)

Ⅳ.「尾張旭市消防本部の先駆的取り組み」
  演者:桒原 謙 氏(愛知県尾張旭市消防本部 総務課)

Ⅴ.「AED設置情報の有効活用に向けた取り組み」
  演者:丸川 征四郎 氏
  (一般財団法人 日本救急医療財団 AED 普及・啓発検討委員会 委員長、
   医療法人医誠会 医誠会病院 病院長)
 

第三部
「パネルディスカッション」

<座長>
三田村秀雄氏、
石見拓副理事長
AED 導入10 年目に見えた課題と将来展望

 <パネラー>
・辻 友篤 氏(厚生労働省 救急医療専門官)
・丸川 征四郎 氏
・三瓶 祐樹 氏
・西本 泰久 理事長
・大高 守 氏
・桒原 謙 氏
 <テーマ参加>
・谷口 雄二 氏(株式会社メディセオ 上席執行役員)
・薮 圭介 氏(国家公務員共済組合連合会 枚方公済病院 検査科)
・ほか調整中
 

詳細・お申し込みは大阪ライフサポート協会ホームページをご覧ください。
http://osakalifesupport.jp/association/event.html


 

ご寄付のお願い